RUSSETY(ラセッテー)はrusset:朽葉(クチハ)の造語。

木々の葉が生い茂り、季節と共に色づき、そして枯れる。枯れた朽葉は土の中で養分となり、また次の季節の源となる。地球と自然そして人にやさしい循環型社会の実現を目指して、最良の皮革なめし製法を育みます。

ラセッテーなめし革

ラセッテーなめし革は、国内外のエコレザー基準に準拠するラセッテー製法®で、なめした天然皮革の鞣し技術とその皮革の総称です。

ラセッテーなめし革は、クロムなめし剤など金属系なめし剤を一切使用せず、計画的植林によるミモザアカシアの樹皮を主成分に使用。国内外の多くのブランドに愛用され、赤ちゃんからお年寄りまで安全に使用いただける天然皮革です。

なめしとは

動物の皮は、肉同様にそのままでは腐ってしまいます。

鞣すことによって皮層のコラーゲンたんぱく質の繊維を腐らなくすると同時に、素材に風合いを持たせて様々な用途で実用的に使用できるようにすることです。皮から革にすることが、鞣しです。

原料皮

日本国内において食肉加工所で適正処理された原料皮、また鳥獣被害対策の一環として駆除された国内野生獣の排出皮を使用しています。

染色

日本国で使用を認められていない有害な染料を一切使用していません。

仕上げ

環境基準に準拠する原産国・組成・使用目的の明らかな仕上げ薬品のみを使用しています。

取扱説明

本革製品のご使用にあたって一般社団法人日本タンナーズ協会 革の豆辞典をご覧ください。

メンテナンス

ラセッテー専用WAXをご使用ください

素材につい

20161116-0151
20161116-0151

人の手で1枚ずつ吊り降ろしします。道具は何十年使っているか分からないチャンチキ

press to zoom
20161116-0163
20161116-0163

風合いを左右する乾き具合を“味加減”と言います

press to zoom
20161116-0187
20161116-0187

最良の1枚をお届けするために

press to zoom
20161116-0267
20161116-0267

揉みほぐすことで革を整える

press to zoom
20161116-0304
20161116-0304

人も機械も健康第一

press to zoom
20161116-0313
20161116-0313

何十年も使い続けるために常に修理が必要です

press to zoom
20161116-0325
20161116-0325

作業に応じて動き回る検品台、革を掛ける“馬”

press to zoom
20161116-0387
20161116-0387

豚毛が貫通した毛穴は空気を通します

press to zoom
20161116-0519_
20161116-0519_

染料はムラを作らないように回転させながら注入します

press to zoom
20161116-0524
20161116-0524

左:№1ドラム、右:№2ドラム。いずれも50年選手

press to zoom
20161116-0528
20161116-0528

昔からの配線。実は最新ITでデマンド管理しています

press to zoom
20161116-0545
20161116-0545

スプレー仕上げ機です。年末の大掃除は丸三日間かかります

press to zoom
20161116-0371
20161116-0371

革の端まで使い切れるので、もったいないトリミングは致しません

press to zoom
20161116-0565
20161116-0565

荒川土手の真ん前に工場があります

press to zoom
20161116-0571
20161116-0571

革のまちすみだ

press to zoom
20161116-0589
20161116-0589

木製ドラムが馴染みます

press to zoom
20161117-0627
20161117-0627

品質第一

press to zoom
20161117-0432
20161117-0432

端も正味も均一な厚さを保ちます

press to zoom
20161117-0471
20161117-0471

風合い見本付きのサンプル帳です

press to zoom
20161116-0478
20161116-0478

植物タンニン100%のピッグスエード

press to zoom
20161117-21992
20161117-21992

上質なピッグスキンを目指しています

press to zoom
20161117-0602
20161117-0602

ミモザのチカラ

press to zoom
20161117-0608_
20161117-0608_

革も“腰”が大切

press to zoom
20161117-0586
20161117-0586

やさしい風合いも楽しめます

press to zoom