ラセッテーなめし製法
商標登録番号 第3305096号

ラセッテーなめし製法

人と自然と環境にやさしい革を作ろうと1990年頃より開発を開始、環境に影響を及ぼすクロム(全世界のレザー商品の90%が採用)を一切使用せず、焼却処分後も土に還せるようにミモザ・アカシアの植物タンニンなめし剤で実用性と柔らかな風合いの表現に成功しました。

国内外の数百のファッション・ブランド、インテリア雑貨、工業部品などに採用されています。

沿革

  • 国内初となる日本エコレザー基準の第一号認定

  • 2003年国際繊維環境基準であるエコテックス・スタンダード100認定

  • ノンクロムレザー開発で平成11年東京都産業技術大賞奨励賞受賞

  • 経済産業省平成27年THE WONDER500「ふるさと名物発掘・連携推進事業」認定

  • 平成28年東京ブランドアクションパートナー登録RUSSETY&TOKYO取得

  • 東京都BUY TOKYO推進活動支援事業補助金活用事業採択

概要

ラセッテーなめし=水と植物のチカラでやさしい革をつくる技術

To play, press and hold the enter key. To stop, release the enter key.

1938年に墨田区に創業して以来、常に「持つ人に喜びを、使う人に夢を与える革を製造すること」をモットーに皮革製造工場として歴史を刻んできました。
私たちは、人にも自然にもやさしい、素肌のような革を創ることを目指し、1990年から
植物タンニンで動物皮をなめす弊社独自の「ラセッテーなめし製法」を開発しラセッテー・レザーを製造しています。そして2015年より製造する全ての革をラセッテーなめし製法に切り替えて、人と自然と環境にやさしい革づくりに向けて更なる一歩を踏み出しました。

「RUSSETY(ラセッテー)」とは、russet(朽葉)をもとにした造語で、木々から落ちた葉が土に還りまた新しい命を育むという循環型社会を皮革の世界でも実現して行きたい、と思いを込めて名付けました。
計画的に植林されたミモザの枝や幹を粉砕した植物タンニンを使用することで、従来のクロム(塩基性硫酸クロム)を使ってなめした革やその製品と比べ、その過程において自然や人体に有害となる物質が排出されるリスクを最小限にとどめることを実現し、日本エコレザー基準第一号の認証も受けています。
ラセッテーなめし製法でつくられる「やさしい革」は、赤ちゃんや敏感肌の人に向けた製品でも安心して使うことが出来ます。また再利用した後は土に還すこともできる地球環境に配慮した「未来のための革」なのです。

 

私たちは、ただ単に革素材を作るだけでなく、皮革製品自体も地球へ還元できるサスティナブルな社会を目指し、消費そして廃棄するまでを視野に入れた生産活動を実現しました。

ラセッテーの世界

ラセッテーなめし製法はクロムなめしや従来の植物タンニンなめし製法により作られた皮革素材とは異なります。ラセッテーなめし製法は、動物皮の魅力と価値基準を最大限に引き出すことが可能です。生きていた時の躍動感、しなやかさ、そして繊細かつ強靭な天然皮革の特性を生かす動物皮の本来価値を再現します。

さらに国内外の環境基準に準拠する高スペック素材を生み出すこの技術は、レザーマーケットを活性化し皮革の価値基準を大きく塗り替えました。特にクロム含有量が0%であることは多くのブランドに様々なメリットと新たな創造をもたらします。

  • 赤ちゃんが素手で触れても安全です

  • ラセッテー・レザーは、生分解して再利用した後も土に還せます

  • 皮革製品から一切の六価クロムが検出されません

 

ラセッテー・レザーは、軽やかで優しい肌触りと温かみのある皮革素材です。皮革の臭いやアレルギーへの未対応など今までの皮革製品が抱える問題を解決します。

hikaku.gif

世界のブランドと共

1990年代に誕生したラセッテー・レザーは、銀座和光社のバッグ、百貨店三越社のオリジナル靴、SEIKO社の時計バンドから始まり、国内外コレクションやデザイナーとのコラボレーションを経て、2018年には世界有数のメゾンから世界唯一のピッグスキン・サプライヤーに選定され、今日まで継続してラセッテー・レザーを使用頂いています。

品質と信頼、そしてクリエーショ

触れたとき“目を閉じても判る風合い”を私たちは目指しています。

  • 素材感を存分に生かした皮革であること。

  • 素材として新たに地球上に生み出す限り、果たすべき役割と責任を全うすること。

私たちは、ラセッテーなめし製法により、やさしい革のある暮らしを未来につないで行きます。